2017年7月18日

電流保護素子: 突入電流防止PTCサーミスタのラインアップの拡大

写真がありません。

TDK株式会社は、EPCOS製突入電流防止PTCサーミスタのラインアップを拡大したことを発表します。プラスチックケースに収められたB5921* J0130A020シリーズの新しい4バージョンは、280 V ACから560 V ACの電圧向けに設計され、公称抵抗値は25 °Cで22 Ωから100 Ω、熱容量は最大2.3 J/Kです。本製品はUL認証を受け、AEC-Q200に適合しています。

リード付きディスク素子B594* /B597* シリーズの定格電圧は、260 V ACから560 V ACです。公称抵抗値は、タイプ別に25 Ωから1100 Ωです。また、これらの保護素子はタイプによりUL、 IECQ、および VDEに準拠し、認証されています。上記すべての製品がRoHS指令適合品です。

突入電流防止PTCサーミスタの大きなメリットは、本質的な安全機能です。万が一、動作時の装置内で短絡故障が生じたとしても、PTCサーミスタが速やかに抵抗値を増幅することにより、電流を安全な値に制限します。

突入電流防止PTCサーミスタの主な用途は、産業機器・家電製品のコンバータや電源ユニット、およびエレクトロモビリティでの利用です。ハイブリッド自動車や電気自動車の動力における、車載充電器用回路およびDCリンクコンデンサの充放電回路を含みます。


主な用途

  • 産業機器・家電製品のコンバータおよび電源ユニット

  • ハイブリッド自動車・電気自動車の動力における、車載充電器用回路およびDCリンクコンデンサの充放電回路

​主な特徴と利点

  • 幅広い定格電圧と公称抵抗値ラインアップ
  • UL、VDE、IECQの認証取得
  • 本質的な安全機能

製品の詳細情報は www.epcos.co.jp/ptc_icl で参照できます。

 

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。

主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、センサおよびセンサシステム、電源です。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。さらに、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等も提供しています。

アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2017年3月期の売上は約1兆1800億円で、従業員総数は全世界で約100,000人です。

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。