2013年2月19日

フィルムコンデンサ: 従来品比40%小型化したMKPタイプフィルムコンデンサの量産

写真がありません。

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、大幅に小型化したEPCOS製MKPタイプフィルムコンデンサの新シリーズ「B3267*P*」を発表いたします。リード線ピッチ10 mmの高容量密度化により、静電容量1 µF、定格電圧450 V DCのタイプで、わずか8.0mmx 17.5mm x 13.0 mmというコンパクトサイズを実現しています。これは、リード線ピッチ15mmの従来品と比較して体積比で約40%の縮小に相当します。

新シリーズは、リード線ピッチ10 mm、15 mm 、22.5 mmの各タイプを揃えています。コンデンサの定格電圧は450 V DC、520 V DC 、630 V DC、静電容量範囲は68 nF~2.2 µFで設計され、125 °Cの連続動作温度に適しています。また、ケースのプラスチック材はUL 94 V-0規格に適合しています。ご要望に合わせて、ハロゲンフリータイプの提供も可能です。

本シリーズは、主にバラスト、LED電源、スイッチング電源のパッシブPFCおよび出力フィルタリングに適しています。

用語集

  • UL 94 V-0:プラスチックの燃焼性分類。V-0 分類は、火炎粒子を一切滴下させず、10秒以内に自己消化する。
  • ハロゲン:臭素、ヨウ素、塩素などの化学元素であり、燃焼性を抑えるためプラスチックに添加される。

主な用途

  • パッシブPFC回路
  • 電源の出力フィルタリング

主な特長と利点

  • ケースサイズの小型化
    (例)静電容量1 µF、定格電圧450 V DCタイプで8.0mmx 17.5mmx 13.0 mm (リード線ピッチ10 mm)


主な特性

シリーズ名
定格電圧
[V DC]
リード線ピッチ
[mm]
静電容量
[µF]
B32671P450/520/630100.068 ~ 1.0
B32672P150.1 ~ 2.2
B32673P22.50.33 ~ 2.2

TDK Corporationについて


TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主な製品としては、各種受動部品(製品ブランドとしてはTDK、EPCOS)をはじめ、電源、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等があります。アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2012年3月期の売上は約8,100億円で、従業員総数は全世界で約79,000人です。

TDK-EPC 株式会社について


TDK-EPC株式会社(本社:東京)はTDKのグループ会社であり、TDKの電子部品部門と、ドイツのEPCOS社との統合で、2009年10月に設立された電子部品の開発・製造を担う製造会社です。主な製品としては、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等があります。

製品の詳細情報は www.epcos.co.jp/film_mkp で参照できます。

お問い合わせは marketing.communications@epcos.com までお送りください

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。