2010年6月2日

SAW コンポーネンツ: 無線自動記録スマートメーター用途 SAWフィルターの 販売開始について (TDK-EPC 株式会社)

写真がありません。

TDK株式会社のグループ会社であるTDK-EPC(社長:上釜健宏)は、今年6月よりAMI(高機能型メーター、スマートメーター)システム用のSAWフィルタの日本市場での発売を開始します。

今回発売開始する製品の中心周波数は315~2,450 MHzで展開されており、広帯域特性フィルタの有効帯域幅は0.6~97MHzで、狭帯域特性フィルタの有効帯域幅は0.1~0.6 MHzです。また、挿入損失はフィルタの特性によって異なるものの、1.4 dB~3.3 dBと低損失に抑えられています。

これらのフィルタには高信頼性の気密封止セラミック・パッケージが用いられており、許容使用温度範囲も広く -45~+125 ℃となっています。また、パッケージの外形寸法は、3 x 3 x 1 mm³です。

代表的な応用例としては、各種計量データの計測や取得及び統計の無線記録システムが挙げられ、ガスや水道及び電力等のメーターの測定値が簡単かつコスト効率よく取得可能になります。また双方向システムとすることにより、使用量や課金情報をメーターに送るなどサービス向上につなげることができます。

用語について

  • SAWフィルタ:表面弾性波フィルタ。携帯電話やTVチューナー、自動車エレクトロニクスなどに使用されるフィルタ。
  • AMI:Advanced Measuring Infrastructure(高機能型メーター、スマートメーター)。 メーターの測定値を無線で記録したり、課金情報をメーターに送信したりできる技術。情報が一方向で測定値の取得のみが可能であった従来のAMR(Advanced Meter Reading)と比較して双方向でデータを取り扱えることにより、メーターへ使用量や課金情報等のフィードバックが可能。
  • 中心周波数:フィルタで通過させる周波数帯域の中心。
  • 挿入損失:送受信する周波数帯域におけるフィルタの損失量(デシベル単位)。 ロス。

主な用途

  • 無線を用いた高機能型メーター(スマートメーター)、電力・水道・ガス等使用量測定データの記録及び課金情報統合無線システム。


主な機能と特徴

  • 中心周波数:315~2,450 MHz
  • 低挿入損失:1.4 dB~3.3 dB
  • -45~+125 ℃の広範な許容使用温度範囲。
  • 高信頼性の気密封止セラミック・パッケージ

主な特性

シリーズ/パラメータ帯域幅挿入損失 [dB]
広帯域フィルタ0.6 ~ 971.4 ~ 2.9
狭帯域フィルタ0.1 ~ 0.61.9 ~ 3.3

TDK-EPC 株式会社について


TDK-EPC株式会社(本社:東京)はTDKのグループ会社であり、TDKの基幹事業である電子部品部門と、ドイツのEPCOS社との統合で設立された電子部品の開発・製造・販売を担うリーディングカンパニーです。日本を始め、アジア、欧州、米国の各地域に事業の拠点があり、製品ブランドとしてTDKおよびEPCOS双方の製品を扱います。

主な営業品目は、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等であり、これらの幅広い製品群により、TDK-EPCは情報家電、通信機器、産業機器、車載機器等、世界のあらゆる市場ニーズにお応えします。

製品の詳細な情報は、

www.epcos.com/saw_automotive

で参照できます。

本文に関するお問い合わせは、

marketing.communications@epcos.com

にご転送ください。

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。