2012年4月

EMC対策部品

巻線コモンモードフィルタACP3225シリーズの開発、量産化

  • 4532形状から小型化を図り、かつ高コモンモードインピーダンスと大電流対応

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、小型電子機器の電源回路用途として、巻線コモンモードフィルタACP3225シリーズを開発し、2012年4月より量産を開始しました。

近年、小型電子機器は多機能化が進んでおり、連続使用、大負荷での利用機会が増大し、特に電源ラインでのEMC対策が重要となってきております。

本製品は、当社独自の材料技術によって開発した、コアロスを低減させた低損失フェライトを磁性材料として採用しています。また、巻線部分は小型精密自動巻線といった特長を持っております。

これにより、当社従来品であるACM4532シリーズに比べ小型化が可能となりました。また、コモンモードインピーダンス値も従来の800Ωから、1,000Ωへと高くなり、定格電流も1.2Aまで対応するなど、小型化、大電流化、かつ高コモンモードインピーダンス特性を有しています。

主な用途

  • 小型電子機器の電源ライン用コモンモードフィルタ

主な特長と利点

  • 従来品4532サイズとの比較
    小型形状: 4.5mm×3.2mm ⇒ 3.2mm×2.5mm
    高インピーダンス値: 800Ω ⇒ 1,000Ω
    大電流: 1.0A ⇒ 1.2A

主な特性

品名ACP3225-102-2P
コモンモードインピーダンス(Ω)
[at 100MHz]
1,000±25%
直流抵抗(Ω)max.[1 line]0.10
定格電流 IDC(A)max.1.2
定格電圧 VDC(V)max.60
絶縁抵抗(MΩ)min10

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。