2012年4月

インダクタ

超高Q特性積層セラミックインダクタMHQ1005Pシリーズの開発、量産化

  • 先端材料技術および内部構造最適化により、インダクタ性能が向上
  • 巻線インダクタと同等のQ特性により、高周波 整合回路の損失を低減

TDK株式会社(社長:上釜健宏)は、巻線インダクタと同等のQ特性を実現する積層セラミックインダクタ、MHQ1005Pシリーズを開発し、2012年4月より量産を開始しました。本製品は、スマートフォンや携帯電話などのモバイル機器の高周波整合回路での使用に適しています。

MHQ1005P シリーズは、1GHzのQ特性が65(インダクタンス値2.7nHの場合)となっており、当該値は同等の外形サイズおよびインダクタンス値を有する巻線インダクタに相当する値となります。

また、2.4GHz(2N7部分の標準インダクタンス値は2.7nH)では108のQ特性を実現します。これも、同等の外形サイズおよびインダクタンス値を有する巻線インダクタに相当する値となります。

本シリーズの高Q特性は、TDKの先端材料技術および内部構造最適化により実現されたものです。先端材料の採用により損失を低減させ、より高い自己共振周波数を実現しました。 さらに、L型端子などにより内部構造を最適化することによってQ特性が高まりました。

これらの技術革新により、本シリーズは同等の高Q 特性を有する巻線インダクタと比べて、部品コストを抑え、効率的で低損失な回路設計を実現します。

本製品シリーズは、1~10nH までE24系列、12~15nHまでE12系列の27種のインダクタンス値のラインアップを揃えています。

用語集

  • Q:インダクタの Q(品質係数)は、所定の周波数における誘導性リアクタンスと抵抗の比率を表し、その効率性の程度を示す。インダクタのQ特性が高いほど、損失が少ない理想的なインダクタとしての特性をもつことになる。

主な用途

  • スマートフォン、携帯電話やブルートゥースなどのモバイル機器における高周波回路

主な特長

  • 同じインダクタンス、Q特性を有する巻線インダクタに比べて、部品コストを低く抑えつつも、同等の性能を提供する積層工法の本製品を使用することにより、高性能高周波回路を低コストで実現。

主な特性

製品名MHQ1005Pシリーズ
インダクタンス [nH]1~15
使用温度範囲 [℃]-55~125
直流抵抗 [Ω]0.03~0.28 (max)
定格電流 [mA]400~1,200

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。