2013年10月

積層セラミックコンデンサ

静電気対策用 CGA3EAシリーズの量産開始について

  • 国際標準規格 IEC 61000-4-2に準拠した静電気対策用コンデンサ新シリーズ

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、国際標準規格 IEC 61000-4-2に対応した積層セラミックコンデンサの新シリーズを開発し、2013年10月より量産を開始することを発表します。

本シリーズは、温度・電圧といった負荷に対しても安定した性能を有する低誘電率系の材料を使用することで、国際標準規格IEC 61000-4-2に基づく接触放電方式の静電気試験において、最も過酷な試験レベル4(8,000V)以上に対応したラインアップを実現しました。

近年、電気自動車やハイブリッド自動車をはじめとする自動車における各種アプリケーションの電子化が進んでいます。普段の生活の中では、それらのアプリケーションに組み込まれた回路に直接触れる機会は珍しいですが、自動車の製造工程において、帯電した作業者による放電が回路に与える負荷、また乾燥した冬場に運転手が自動車の金属部分に触れた際に生じる静電気によるショックなど、アプリケーションが静電気にさらされる機会は多く、使用されている電子部品の破壊およびアプリケーションの誤動作を防ぐ対策が必要になります。 一般に、人体が帯電して発生する静電気は数千ボルト以上あり、コネクタ等を介して使用されている電子部品に加わる静電気の負荷から回路を保護するための電子部品が要求されています。

TDKでは、このような市場ニーズに応えるため、得意とする誘電体材料の微粉化、高分散化技術と誘電体セラミックス層の薄層・多層化技術を組み合わせ、定格電圧100Vでありながら、突発的に発生する静電気を想定した試験において8,000V以上に対応した製品を実現しました。

本シリーズの温度特性は、C0G特性(温度範囲:-55~125℃、温度係数:0±30ppm/℃以内)および150℃の高温にも対応したNP0特性(温度範囲:-55~150℃、温度係数:0±30ppm/℃以内)のラインアップで構成され、自動車の中でも高信頼性が要求される用途に使用可能です。

主な用途

  • 自動車用の各種アプリケーション(エアバッグ、キーレスエントリーシステム、カーナビゲーション等)の入出力部

主な特長と利点

  • 温度特性はC0G特性(温度特性:-55~125℃、容量温度係数が0±30ppm/℃以内)および
    NP0特性(温度特性:-55~150℃、容量温度係数が0±30ppm/℃以内)であり、静電容量においてDCバイアス、温度、経時による変化の無い材料を使用
  • 1~10nFまでの豊富なラインアップ(E6)
  • IEC 61000-4-2 ESD Level 4以上

Key data

製品名外形寸法
(L×W) [mm]
温度特性

定格電圧

[V]

静電容量

[nF]

静電気耐性
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP010018,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP01001.510,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP01002.212,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP01003.316,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP0100.24.716,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP01006.822,000 V
CGA3EA1.6 x 0.8C0G / NP01001030,000 V

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。