2017年4月

インダクタ

車載PoC用インダクタADL3225Vの開発と量産

  • 広帯域での高いインピーダンスの実現
  • 良好な直流重畳特性
  • 自動化ラインによる高信頼、高品質を確保
  • AEC-Q200準拠

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、車載PoC(Power over Coax)用のインダクタ ADL3225Vシリーズ(外形寸法:L3.2×W2.5×T2.4mm)を開発し、2017年4月より量産を開始したことを発表します。

PoCでは、負荷インピーダンスの低い電源ラ インに高周波信号が流れていかないようにするため、電源ラインと信号ラインの分岐点において高いインピーダンスを求められています。本製品は、弊社独自の構造設計と巻線工法を用いることにより、広帯域(1~1000MHz)で高いインピーダンスを確保し、良好な直流重畳特性を実現しています。また、自動製造プロセスで高信頼性、高品質なモノづくりを可能にしています。

近年、自動車にはセンサおよびカメラ 系の機器が増加し、多数のECU(電子制御ユニット)を結ぶ車載インタフェースにおいて高速化のニーズが高まっています。 こうした先進の車載インタフェースとして、双方向通信には車載Ethernet (最大伝送速度100Mbps)、また、カメラからメイン基板に映像信号を送る一方向の通信に対してはLVDS(最大伝送速度1.5Gbps)が導入されています。LVDS伝送においては、ワイヤーハーネスの重量を軽減するため、1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を実現するPoC化が進んでいます。加えて、ワイヤーハーネスの軽量化により燃費の向上に貢献します。

今後、さらに小型サイズ、また使用温度範囲の拡大などラインアップの拡充を図り、多種多様な車載用機器設計へ対応していきます。

用語集

  • PoC(Power over Coax):同軸ケーブル1本で信号および電源を重畳させた伝送技術。

主な用途

  • 車載カメラシステム等のPoC

主な特長と利点

  • 広帯域で高いインピーダンスにより、信号ラインと電源ラインを分離する。
  • 良好な直流重畳特性
  • 自動化ラインによる品質の安定性

主な特性

製品名

インダクタンス
[µH]

直流抵抗
[Ω] max.

Isat *1
[mA] typ.

Itemp *2
[mA] typ.

ADL3225V-470MT-TL00047±20%0.9300500

*1 Isat:インダクタンス変化率に基づく場合(初期L値に対して-30%以下)

*2 Itemp:温度上昇に基づく場合(自己発熱による温度上昇40℃)

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細