2018年1月

触覚フィードバック機能を搭載したPowerHap™ピエゾアクチュエータ

新次元のパフォーマンス

  • 他に類を見ない加速度、発生力、応答時間
  • 強大な出力をコンパクトな形状で実現するピエゾテクノロジー
  • 非常に低いエネルギー消費量で幅広い用途に対応する、これまでにない品質の触覚フィードバック

触覚フィードバックと統合センサ機能を備えた革新的なPowerHap™ピエゾアクチュエータは、2.5G、7G、15Gの3種類のコンパクトタイプとなっています。これらはそれぞれ2.5g、7g、15gの非常に高い加速度を100グラムの負荷で実現しています。これらのアクチュエータは、加速度、発生力、応答時間で高い性能を発揮するため、他に類を見ない触覚フィードバック特性をもたらします。また、コンパクトで強力なこのアクチュエータは、人間の触感全域に働きかけ、HMI(Human Machine Interface)の感覚体験を大幅に高めます。

PowerHap™は、マイグレーションフリーの銅の内部電極を備えた積層ピエゾプレートをベースにしています。積層技術を駆使することにより、これらのアクチュエータはタイプに応じて、60Vまたは120Vまでの比較的低い動作電圧で駆動できます。ピエゾプレートは、駆動するとz軸方向(垂直方向)で振動しますが、ピエゾ効果の一定量によりx軸方向とy軸方向(平面方向)で同時に収縮します。この新部品では、変位量増幅器としてプレート両面にシンバル形状の金属板を配し、z軸方向での収縮を15倍増幅しています。


主な技術データ

タイプサイズ
[mm]
定格電圧 
[V]
加速度*
[g]
最大発生力
[N]
最大変位
[µm]
2.5G9.0 x 9.0 x 1.250 to 602.5535
7G12.7 x 12.7 x 1.90 to 12071065
15G26 x 26 x 2.40 to 1201520>200

* 100グラムの負荷

偏心回転モータ(ERM)やリニア共振アクチュエータ(LRA)といった従来の電磁ソリューションと比較すると、PowerHapは、薄型で応答時間が最も短く、高い加速度と大きな発生力を特長としています。タイプ別にクリック当たり1mJ、3mJ、8mJという、どれも極めて小さな電力消費で動作し、単一部品に統合されたセンサ機能を備えています。

従来の電磁気ソリューションとは異なり、PowerHapアクチュエータは1Hz〜300Hzの刺激範囲全体で振動することができます。そのため、触覚フィードバックを人間の主要な物理感覚に合わせてカスタマイズするにあたって、周波数や振幅に特段の制限はありません。このように、利用者が期待する最先端のHMIを叶えるような高精度な触覚フィードバックプロファイルを、設計者はこの新しいアクチュエータを使用してカスタム開発することができます。PowerHapの用途としては、自動車、スマートフォン、タブレット、家電、ATM、自動販売機、ゲームコントローラ、産業機器、医療機器などがあります。


主な用途

  • 自動車、スマートフォン、タブレット、家電、ATM、自動販売機、ゲームコントローラ、産業機器、
    医療機器など。

主な特長と利点

  • 大きな加速力
  • 大きな発生力
  • 大きな変位
  • 極薄型
  • 1ms未満の速い応答時間
  • クリック当たりの低い電力消費

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細