2013年5月

積層セラミックコンデンサ

車載向け(AEC-Q200準拠)C0G特性定格電圧100~630Vシリーズの開発、量産開始について

  • 世界初※の630V対応を含んだC0G 100~630Vシリーズ

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、温度特性がC0G特性で定格電圧が100V~630Vまでの車載対応積層セラミックコンデンサの新シリーズを開発し、4月より量産を開始することを発表します。本シリーズは、C0G特性を有する製品ラインアップで定格電圧100V~630Vまでの中耐電圧領域において業界最高レベルの静電容量を有し、特に5750(5.7mm×5.0mm、EIA:2220)サイズで静電容量100nF(定格電圧630V)を実現しました。これは同定格電圧において世界初※の業界最高静電容量となります。

近年、電気自動車やハイブリッド自動車の普及に伴う自動車のエレクトロニクス化はますます進み、その中で車載用電子部品として使用される積層セラミックコンデンサにも高信頼性とともに小型・大容量化の要求が大きくなっています。

TDKでは、このような市場ニーズに応えるため、得意とする誘電体材料の微粉化、高分散化技術と誘電体セラミックス層の薄層・多層化技術を組み合わせ、幅広い製品サイズ(1005~5750サイズ:EIA0402~2220)で静電容量の拡大と車載製品に要求される高信頼性の両立を実現しました。さらに、今回新たに定格電圧450Vシリーズ(2012サイズ以上)、および5750サイズの新たなシリーズ化を行ったことで製品のバリエーションが増え、市場が要求する様々なニーズに対応することが可能となりました。

本シリーズの温度特性はC0G特性(温度範囲:-55~125℃、温度係数:0±30ppm/℃以内)となっており、自動車ECU用途のみならず、民生品、産業機械等の電源で必要とされる各種回路(時定数回路、フィルタ回路、共振回路、発振回路、スナバ回路)等の高信頼性が要求される用途に使用可能であるとともに、定格電圧、静電容量の向上によりフィルムコンデンサからの置き換えも可能となります。また、お客様のご要望に応じて150℃対応等のご相談にも応じます。

※2013年5月現在、TDK調べ

主な用途

  • 自動車用のエンジン制御ユニット、キーレスエントリーシステム、EV/HEVのインバータおよびDC-DCコンバータ、
    非接触給電の共振回路、一般民生品等の電源回路、各種センサ類など

主な特長と利点

  • 温度特性はC0G特性(温度特性:-55~125℃、容量温度係数が0±30ppm/℃以内)であり、DCバイアス特性や容量の温度、経時による変化がなく設計通りのアウトプットを保証することが可能
  • 定格電圧100V~630Vの範囲で対応可能であり、フィルムコンデンサからの置換えが可能
  • AEC-Q200準拠

主な特性

外形寸法
(l x w) [mm]
定格電圧
[V]
静電容量
[nF]
1.0 x 0.51000.1 to 0.47
1.6 x 0.8100 to 2500.82 to 3.3
2.0 x 1.25100 to 4500.1 to 10
3.2 x 1.6100 to 6306.8 to 33
3.2 x 2.5100 to 63022 to 68
4.5 x 3.2100 to 63033 to 100

5.7 x 5.0

100 to 630

68 to 150

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。