2011年5月

インダクタ

SMDパワーインダクタVLM13580-D1/DRの開発

 

  • 当社従来品比で温度特性を向上させ、定格電流も増加

 

TDK株式会社のグループ会社であるTDK-EPC株式会社(社長:上釜健宏)は、自動車のエンジンコントロールユニット(ECU)向け電源回路のDC-DCコンバータにおけるチョークコイル用のSMDタイプのパワーインダクタVLM13580-D1/DRを開発し、2011年10月より量産開始いたします。

 

本製品は、自動車における過酷な使用環境に配慮し、当社従来品では使用温度範囲が-40℃から+125℃までであったものを、-40℃から+150℃までの広い温度範囲での使用を可能としました。また、低損失かつ直流重畳特性を改善したフェライトコアを使用し、一層の高効率化を図りました。定格電流についても、当社従来製品VLM10555T-2R5M8R0-2Hでは15A(Max)でしたが、今回の新製品では20A(Max)に定格電流がアップしました。インダクタンス毎に8シリーズ(D1:6品目、DR:2品目)取り揃えています。

 

主な用途

  • 自動車のエンジンコントロールユニットなどのDC/DCコンバータにおけるチョークコイル用

主な特長

  • 当社従来品比で最高使用温度が+25℃広がり、+150℃までの温度範囲での使用が可能。
  • 大電流かつ低抵抗
  • RoHS指令対応であり、鉛フリーはんだ実装に対応

主な特性

製品名

インダクタンス
[μH]
直流抵抗
[mΩ] max.
定格電流 [A]
IDC 1*IDC 2**

VLM13580T-R82M-D1

0.82 ±20%

2.0

36

12.6

VLM13580T-1R5M-D1

1.5 ±20%

2.5

26

11.7

VLM13580T-2R2M-D1

2.2 ±20%

3.9

20

10.5

VLM13580T-3R3M-D1

3.3 ±20%

4.5

18

8.4

VLM13580T-4R3M-D14.3 ±20%7.5156.5
VLM13580T-5R6M-D15.6 ±20%8.5135.9
VLM13580T-270M-DR27 ±20%445.42.7
VLM13580T-560M-DR56 ±20%1013.61.8

形状:13.0 x 13.5 x 8.5mm

*  IDC1:直流重畳特性において、インダクタンスが初期値より30%低下する電流値(Typical値)

** IDC2: 直流電流を流した際に、コイルが20degC上昇する電流値(Typical値)

生産・販売計画

  • サンプル価格:100円/個
  • 生産拠点:中国地区
  • 生産予定:10万個/月(当初)
  • 生産開始:2011年10月予定

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。