2017年8月

ESD/サージ保護デバイス

ディスクバリスタの使用温度範囲の拡大

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、ディスクバリスタの使用温度範囲が、85℃から105℃に拡大したことを発表します。UL 1449第4版とICE 61051に記載されている使用温度範囲も再認証を取得することによりアップデートされています。また耐候性カテゴリーも40/85/56から40/105/56に変更されています。

EPCOSのB722**S/P/Q*シリーズのディスクバリスタは、最大許容回路電圧が11VRMSから1100 VRMSの範囲があり、型式に応じてサージ電流耐量は最大20kA (8/20 µs)までのラインアップがあります。また、エポキシ樹脂の難燃グレードは、UL 94 V-0規格を取得しています。

なお、PSpiceライブラリはEPCOS/TDK Europeのウェブサイト(www.epcos.com/tools_mlv)で参照できます。(ディスクバリスタは、”monolithic varistors”の項目をご参照ください。)

 

本シリーズのバリスタは、産業機器用途の電源やコンバータ入力部の保護や、家電製品や通信機器の保護にも最適です。


主な用途

  • 産業機器用の電源およびコンバータならびに家電製品および通信機器

​主な特徴と利点

  • 使用温度範囲 最大105℃まで対応。
  • 幅広い電圧のラインアップ
  • 最大20 kA (8/20 µs)までの高いサージ電流耐量

ダウンロード

分割する

テーマについての詳細