2013年4月

EPCOS EMC ラボラトリ

EMC総合サポート

EPCOS EMCラボラトリ(ドイツ、レーゲンスブルク)は、多様なEMCサービスを提供しています。サービス内容は、EMC計測機器を利用した製品開発やプロトタイプ試験時のアドバイスから検収まで広範に及びます。

接近して配置された多数の電子装置を互いに干渉し合うことなく運用するには、さまざまなEMC要件を満たすことが前提となります。EMC指令は、欧州連合(EU)が規定したEMC要件で、欧州規格および加盟各国の国家規格に、装置の技術要件と計測・試験手順が定められています。また、これらの規格は放射障害の限界値や対干渉性の試験レベルも特定しています。

しかし、電磁波放射(エミッション問題)と耐干渉性(イミュニテイ問題)に関わる要件を満たす必要性も、世界的にますます重要になっています。製品を販売するには、ほとんどの経済地域において国際的なEMC規格準拠の証明が必須条件となっているからです。

開発から量産までのEMCアドバイス

EPCOS EMCラボラトリ(ドイツ、レーゲンスブルク)は、多様なEMCサービスを提供しています。サービス内容は、EMC計測機器を利用した製品開発やプロトタイプ試験時のアドバイスから適合試験まで広範囲に及びます。以下はその例です。

  • 伝導性放射および放射妨害波の計測
  • 伝導性放射のオンサイト計測
  • 文書作成
  • EMC問題の解決に関する分かりやすいガイダンス
  • 顧客の適合宣言書に対して該当規格・仕様書への適合性を確認する試験報告書
  • 50年以上にわたるEMCの知見に基づくEMCコンポーネントやソリューションにおける高い能力

大型機械・車両用試験サイト
試験ラボは、ISO/IEC 17025準拠のさまざまなEMC試験向けに設計されています。3つのシールドルームのほか、反射床面を装備した電波暗室もあります。これは該当規格に準拠して、アンテナとDUT(被試験デバイス)間の距離が10 mの電界強度計測に適した電波暗室で、排気系ほか、給水系、排水系などの設備を備えています。この電波暗室では、大型の大電力機器・装置や車両の試験を実施できます。最新の試験器材に加えて、このラボには最大100 Aまでの多様な電源、ケーブル、抵抗性負荷やモータ負荷が用意されています。

お問い合せ

emv.labor@epcos.com

ダウンロード

分割する

 

私たちのウェブサイトは最高可能なサービスを提供するためにさまざまなクッキーを使用しています。私たちのウェブサイトでのクッキーの使用および注意事項や無効にするための可能性についての情報は私たちの情報ページをご覧ください。あなたの同意により、あなたはクッキーの使用についての情報を読まれたこと、そしてそれに同意されることを確認されることになります。データ保護のテーマについて私たちの詳細情報にも注意してください。